チャットボット20選を徹底比較!自社に合ったツールを見つけよう。

導入

多くの企業で導入が進むチャットボット。

昨今では、AI搭載のものや、FAQ・マーケティングに特化したもの、社内のヘルプデスクに特化したものなど、様々な種類のチャットボットがあります。今回の記事では、どのような種類のチャットボットがあるのかを解説し、厳選した20社のチャットボットを紹介します。

チャットボットの分類

チャットボットには、それぞれの課題に特化した種類のものがあります。

AIを搭載したものや、マーケティング業務に特化したもの、社内業務に特化したものなど、様々な観点でチャットボットを提供しているため、口コミや料金だけで選ぶと、失敗してしまうことがあります。自社にあったチャットボットを見つけるためには、どのような問題を解決したいのかを明確にしましょう。

ここからは、チャットボットの種類と、どのようなシーンで活用できるのかを説明します。

AI型or非AI型

チャットボットの大きな分類として、「AI型」と「非AI型」があります。

AIが搭載されたチャットボットは、機械学習により統計的に確率の高い回答を算出します。非AI型のチャットボットよりも費用が高く、公開までに時間を要しますが、大量の質問に応答したり、複雑な質問に回答したりできる点がメリットです。

非AI型のチャットボットは、シナリオ型やルール型とも呼ばれます。

予め、設定されたルールやシナリオ通りに回答をするのが最大の特徴です。機械学習をしないことから、単純な質問を継続的に回答することを得意とします。

顧客からの質問が、ある程度パターン化されている際におすすめです。

用途別の分類

チャットボットの用途の分類は、大きく分けて3つほどあります。1つのものに特化したものから、問い合わせ対応とマーケティング支援両方に役立つなど、複数の用途を網羅しているものもあります。

問い合わせ対応

社内のヘルプデスクとして従業員の問い合わせに回答する・会社のホームページやECサイトに来た顧客の質問に回答する、などの用途が主な用途です。FAQ(よくある質問)の回答を用意することで、業務改善を図るものが多くあります。

マーケティング支援

マーケティングの観点から、業務を効率化するためのチャットボット。WEB広告を連携するなどの方法でCVRや利用率向上、顧客の獲得を助けてくれます。

インバウンド対応

インバウンド対応は、多言語ツールを搭載したチャットボットです。飲食店や観光施設・宿泊施設の問い合わせなどに特化しており、レストランの予約をしてくれるものなどもあります。

チャットボットの比較20選

この項では、おすすめチャットボットを紹介します。AI型や非AI型・用途別分類のものを全体的に紹介しています。

さっとFAQ 株式会社サンソウシステムズ

さっとFAQは、問い合わせに特化したFAQチャットボットです。エクセルデータにFAQを入力するだけで会話データが作成でき、最短3日で公開できます。シナリオ形式の会話にも対応しており、企業のホームページやECサイトでの問い合わせ・学校などでの問い合わせなど、様々なシーンで活用できます。

\ 導入実績 250社 チャットボット数 850体以上 /

チャットボット「さっとFAQ」の詳細はこちら

sAI Chat(サイチャット) 株式会社サイシード

株式会社サイシードが提供するsAI Chatは、高性能な人工知能を搭載したチャットボット。

導入時から95%の精度で認識するため、担当者の手間をかけないAIチャットボットです。契約後も、カスタマーサクセスチームが利用率向上施策、FAQの改善提案など、運用改善の手助けをしてくれます。

KARAKURI(カラクリ) カラクリ株式会社

メルカリやWOWOW、SBI証券など、多くの有名企業でも導入されているのが、カラクリ株式会社が提供するKARAKURI(カラクリ)。

東大大学院人工知能研究チームが開発した「カスタマーサポートに特化した深層学習アルゴリズム」を活用し、Q&Aに特化しているのが特徴。顧客満足度の向上や、コスト削減・売上アップに貢献します。

AI Messenger Chatbot(エーアイメッセンジャーチャットボット) 株式会社AI Shift

AI Messenger Chatbot(エーアイメッセンジャーチャットボット)は、サイバーエージェントの子会社、株式会社AI Shiftが提供しています。

Yahoo!やTHUTAYAなど、累計100社以上の運用実績を元に、初期設定と運用コンサルをしてくれます。

SupportChatbot(サポートチャットボット) 株式会社ユーザーローカル

SupportChatbot(サポートチャットボット)は、株式会社ユーザーローカルが提供するチャットボットです。

クラウドサービスで提供されているため、連携できる外部機能も多く、低価格で導入できます。カスタマーサポートだけでなく、社内の問い合わせとしても活用できます。

OKBIZ. for AI Chatbot(オウケイウェイヴ フォー エーアイチャットボット) 株式会社オウケイウェイヴ

OKBIZ. for AI Chatbotは、株式会社PRAZNAが提供・運営するAIチャットボットです。

独自の技術で開発した、学習済みデータ3,700万件を超えるAIが、業務をサポートしてくれます。ユーザー専門のセミナーやイベントを実施して、最新情報の取得や個別相談ができます。

hitTO(ヒット) HiTTO株式会社

HitTTOは、人事・労務AIを搭載したHRチャットボット。

HRチャットボットとは、従業員の勤怠や年末調整などの問い合わせに対して回答するチャットボットで、社内向けAIの中ではシェア率が高いです。本社内だけでなく、本社と店舗を繋いだりなど、会社に応じて臨機応変に対応します。

AI.BiS(アイビス)株式会社ジーニー

株式会社ジーニーが提供するAI.Bisは、BtoBに特化したチャットボットです。

国産のAIチャットボットがマーケティング支援をしてくれます。サイトに来た顧客を選定して見込み客を自動獲得する、大口注文の可能性のある顧客を判別し、オペレーターに表示する、既存顧客をオペレーターに表示するなど、顧客を判別する機能に特化しています。

AIさくらさん 株式会社ティファナ・ドットコム

AIさくらさんは、可愛い女性のキャラクターを起用しているチャットボットです。社内外のヘルプデスクとして、多くの企業で導入されています。社内用チャットボットとして、メンタルヘルスや、テレワークサポートの機能があります。

Zendesk(ゼンデスク)株式会社Zendesk

Zendeskは、アメリカに本社を持つ株式会社Zendeskが提供するカスタマーサービスツールです。

チャットボット機能においては、メールやSNS、電話など様々なツールに対応でき、顧客の好きなチャネルでやり取りできます。初期設定やヘルプデスクの構築も簡単で、操作もシンプルです。無料トライアルもあるので試してみるのもおすすめです。

Chat Dealer(チャットディーラー) 株式会社ラクス

Chat Dealerは、1契約で5サイトまで設置でき、社内ヘルプデスクとお客様対応の両方に使える便利なチャットボット。サイトにチャットウィンドウを設置するWEBチャットツールです。

専任担当が付き、導入前からでもコンサル・サポートをしてくれます。

ChatBook(チャットブック) 株式会社チャットブック

ChatBookは、プログラミング不要・ノーコードで導入できるチャットボットです。

会話からデータを収集してマーケティングを促進します。顧客獲得や、ナーチャリング(有人対応の切り替え)を手助けをしてくれるチャットボットです。

Zeals(ジールス) 株式会社ZEALS

株式会社ZEALSが提供するZEALSは、AIチャットボットでチャットコマースと接客DXを提供します。

チャットコマースにおいては、LINEアカウントを作り、そこに来た問い合わなどに対応します。初期費用は0円で、完全成果報酬型のサービス。導入工数もゼロで気軽に初められます。

hachidori(ハチドリ) hachidori株式会社

hachidoriは、国産のAIチャットボットで、CV数増加などのマーケティングから、顧客対応や社内デスクの業務効率化まで、プログラミング不要のチャットボットツールです。

マーケティング面では顧客の行動を計測し、リード数アップのためのデータを収集します。

BOTCHAN(ボッチャン)株式会社wevnal

BOTCHANは快適なフォーム入力でCV率を上昇させるマーケティング支援型のチャットボットです。訪問客をトラッキングし、状況に合わせたコミュニケーションを提供することで、顧客の理解を深めていきます。

goo AI × DESIGN(グー・エーアイクロスデザイン) NTTレゾナント株式会社

goo AI × DESIGNは「教えて goo」の3000万件のQAデータを学習させたAIが、広い範囲の対話を実現させます。自然な対話を実現するキャラクターチャットボット、マーケティングに特化したエージェントチャットボット、サポート業務を効率化するFAQチャットボットの3種類から、自社にあったものを選べます。

Chat Puls(チャットプラス) チャットプラス株式会社

Chat Plusは、顧客との接点を増やし、売上げアップやコスト削減に貢献するチャットボットです。

導入企業は10,000社以上で、医療機関・学校・自治体・小売業など、様々な業種に対応しています。機能は全部で5000個以上あり、エキスパートに相談しながら自社に合った理想のチャットボットを設定・運用できます。

hitobo(ヒトボ)アディッシュ株式会社

hitoboは、お問い合わせ対応専門のチャットボットです。

FAQを画面上で入力するか、CSVでアップロードするだけでチャットボットを簡単に生成できるので、短時間で業務の効率化を実現します。30日間の無料トライアルもあるので、気軽にチャットボットを試すことができます。

COTOHA(コトハ)Chat&FAQ NTTコミュニケーションズ株式会社

COTOHA Chat&FAQは、問い合わせ専用のチャットボットです。事前学習なしでも70%以上の高精度でマルチリンガルに対応します。

各種FAQテンプレートが用意されており、日本語のFAQを読み込ませるだけで、13言語にリアルタイム翻訳してお問い合わせに回答します。

Bebot(ビーボット)株式会社BESPOKE

Bebotは、株式会社BESPOKEが提供する多言語チャットボットです。ホテル向け、空港・鉄道向け・自治体向けに分かれ、観光案内や飲食店の予約まで多言語のコミュニケーションに幅広く対応します。

災害時専用のチャットボットでは、危機管理専用AIが災害情報を多言語で提供します。

自社に合ったチャットボットを見つけよう

今回の記事ではチャットボットの種類とおすすめの製品20選を紹介しました。自社の問題解決ができるような用途に見合ったチャットボットは見つかりましたか?

自社に合ったチャットボットを見つけるためには、チャットボットの分類や用途を理解し、自社で解決したい問題を明確化することが大切です。

さっとFAQでは、問い合わせに特化したFAQチャットボットを低価格で提供しています。

ご興味のある方はぜひご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました